スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狙われたお嬢・解明編 
《前回までのあらすじ》
お嬢を襲った突然の凶行。犯人の手がかりは「赤」。
犯人特定にあと一歩と迫ったジュリアの前に、意識を取り戻したお嬢が現れる。
果たして事件の真相は!?
詳しくはこちら→事件編推理編

2010041839.jpg




2010041840.jpg




2010041841.jpg




2010041842.jpg




2010041843.jpg




2010041844.jpg




2010041845.jpg




2010041846.jpg




2010041847.jpg




2010041848.jpg




2010041849.jpg




2010041850.jpg




2010041851.jpg




2010041852.jpg




2010041853.jpg

と、いうわけで…
事件の真相は「事故」、犯人は元凶という意味で「ルネ」でした~。
ルネが犯人だと思われた方は何人かいらっしゃいましたが、「お嬢自身がドジをやった」まで当てて下さった方が一名いらっしゃいます。生き馬の目を抜く洞察力(私の思考パターンを読んでる的な意味で)。おみそれいたしました。
ところでこのエピソード、最初は「ブライス荘殺人事件」というそのまんまなタイトルで考えていたんです。しかも被害者はエイミ(本当は死んでない)で探偵役はセバス。しかしエイミを亡き者にしようという動機があるのがセバスだけなのでボツになりました(笑)
でもそんなボツネタもこういう形で救済できて良かったです。
きっとこの後、ルネはこってりしぼられてセバスのことが嫌いになったに違いない。

長い話になりましたが、見ていただいてありがとうございました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。