スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家選びその① 
こんばんは、ただ今寸劇編集中の草薙です。
まだタイトル決めてないけど、明日か明後日くらいにはアップできると思います。
前回ラストでちょっと引きずったので、早めに上げてスッキリしたいです。自分的に。

さて、今日は(今日も?)お人形の話じゃないんです。
古い古~い我が家を建て替えるにあたり、あちこちのメーカーさんとお話させていただいて知ったこと、感じたことなどを途中経過含め書いてみたいと思います。
備忘録も兼ねていますが、同じ境遇の方の参考になれば。

たたみますね~。

まず最初に、私たちが家を建て替える目的です。
・老朽化が激しい。雨漏り、屋根裏に動物が住んでる(笑)、窓を閉めても隙間が空くなど建物全体にガタがきている。もちろん耐震など考えられていない。
・虫が出る。切実。
・もともと「離れ」として使っていた家屋で、茶室だったものを寝室に、茶の準備室を台所として使っているので勝手が悪すぎる。台所と寝室がガラス戸でつながっている状態。子供が寝た後お茶を飲むのも一苦労。

これだけあれば建て替えの条件としては十分なのでは(笑)

次に住宅メーカー選びからスタートしたわけですが、家の近くに住宅展示場があり、たくさんのメーカーさんの実際の建物を見ながら絞り込むことができたのはラッキーでした。
今回、建て替えの相談をさせていただいたのは下の3社。

・K工務店…展示場の雰囲気がとてもよく、特にはづきさんがそこの吹き抜けと勾配天井をえらく気に入り、一番最初に話を始めたところ。お値段は安くもなく高くもなく。営業担当さんは新入社員だけど真面目でレスポンスもいい。

・SH社…以前から義母のところに何度も足を運んでくれていた会社で、義母の薦めもあり打診。ぶっちゃけ高級住宅メーカーだけど大手。営業さんの人柄が個人的には好きになれず…。

・SR社…リフォーム関係の仕事をしている、義姉の旦那様のお奨めだったので他社との比較検討のために相談開始。価格はSH社と同じくらいで、こちらも大手。営業さんは新人で、教育中とのことで実質は店長さんが担当してくれている。
余談だけど、事前の地盤調査が有料(50000円)なのはここだけ。でもそれもいいと思う。なぜならタダでやってくれる他の会社も業者への調査料は発生しており、それは経費となって最終的に各メーカーで家を建てるオーナーさんが負担することになるから。なので、自分とこの費用は自分で持てという姿勢は評価。

相談と一口に言っても進め方はメーカーごとに違っていて、まずお金をどれくらい出せるか聞いてくるところ、とにかくこちらの希望を聞いてくるところ、希望と違ってもいいから図面を書いて、それを直していきましょうと言うところ、さまざまです。
とりあえず3社には、他のメーカーさんとも相談させてもらっている旨を伝えた上で話し合いを始めました。
以下、各社の進み具合と現状。

・K工務店…自由設計と遊び心を謳っているメーカーなだけあって、とてもセンスのいい図面を出してくれた。お値段もビルトインガレードを入れてこの価格なら破格、と義姉(住宅関係の仕事をしていた)が言うほど。
頼んだことをすぐ処理してくれ、図面の手直しを頼んだら更に魅力的な家になって私たち夫婦大感激。
ただ問題もあり、中堅規模のメーカーのため完成保障制度に加入できず、万一建築中に倒産などがあると家が建たずに借金だけが残る危険があること、実質外資ファンドの援助を受けたりしている会社であることなどが気がかりで、まだ契約には至っていない。
ただ倒産に関しては、確約はできはないものの万一の事態になっても何らかの救済措置(フォローに回るメーカーさんのが出てくるだろう)はあるだろうということで少し安心。その場合、5年後10年後のアフターケア受けられなくなっちゃうけど…。

・SH社…自社で建てたという自宅を見せてくれたり、ショールームに招待してくれたりと精力的な営業さんだったが、図面を書いてくれると言っていた日に「地盤調査の結果を待ってからにします」と手ぶらで現れたり、話し合いの約束をそちらの都合で延ばしたりと徐々に我が家の信用を失っていく。
後から上がってきた図面は、こちらの希望をほぼ反映していないガッカリな家…。何がガッカリかと言うと、2階の間取りがほぼ彼の家のものと一致。あと見積もりが予算を倍近く上回っていたので、到底現実的ではない。
実は今日断りの電話を入れたが、図面を直して見積もりも調整したのでそれを見ててからにして欲しいと言われたのでもう一度だけは会う予定。

・SR社…こちらも図面を書いてくると言いつつ、一度目は持ってきてくれなかったので残念。というか、3社の中で図面まだできてないのここだけ(´・ω・`)
ただ高価ながらいい家を建てると評判なので、見てみたいという気持ちは強い。
設計士さんが話し合いに参加したのもこの会社だけ。

まあ、私もはづきさんも気持ち的にはまだ若いつもりなので、ちょっと変わった家に住みたいというか、遊び心が欲しいというのは最初からありまして。
その点K工務店は間取りも価格も申し分なく…さきほどから値段についてしつこく言及していますが、メーカーを選ぶにあたってすごく重要なポイントだと思うのです。お金のある家と違って、庶民には払える限度というものがあるんですから。
ちょっと無理すれば、そりゃいい家に住めるかもしれない。でもそのために20年30年とローンを増やし、家のために人生を費やすのは望むところではないのです。
次回、直近の約束としてはSR社との打ち合わせがあり、その翌週にSH社と話し合い、それが済んだ時点でどの会社と契約するか決める予定です。
「終わりの棲家」にしたい家なので、家族ともよく話し合って後悔しないように決めたいと思います。

長くなってすみません。最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。

拍手コメントは後日まとめてお返事させていただきます。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。