スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若セバス 
2010_09150108.jpg

ブラ寸『モノクローム・前編』をアップしました。
今回は予告したとおり、ちょっとネガティブな話なので閲覧は自己責任ということでお願いします。
頭の大きいお人形でやるには重い話なので。頭ほど重くはないけど(笑)たぶん。
明日は後編です。

続きは製作のお話と拍手コメントのお返事です。


今回、若いセバスと子供お嬢を撮らなければならなかったのでどうしたもんかと思い悩みました。
ブライスって年齢不詳ですし(;´д⊂)
結局お嬢の方はあんな風になりましたし、セバスは顔を出さなかったので結果オーライなのですが、撮影中は一応上の写真のようにセバスを若ぶらせていました(笑)
それはそうと、回想シーンはセリフが少なかったのですっごく編集がラクでした。いつもこんなんだったらいいのに。
ちなみに複数人が喋ってる上にエフェクトが入るコマが、一番手がかかります。
得意げに書くほどでもないんですけどね(´・ω・`)

というわけで、以下拍手コメントのお返事です。


> まほ様
こんにちは。こちらこそご無沙汰して申し訳ありません。でもいつもお邪魔してます!(ストーカー的)
本、読んでいただけるだけでも嬉しいので、どうかお気遣いなさらないでください。でも…でも、とっても嬉しいです。ありがとうございます!楽しみにお待ちしておりますね。
マトリョーシカは、ピンクとブルーがあったうちのブルーをもらいました。
ロシアにはマトリョーシカ作家さん?みたいな人たちがいるらしく、それぞれ全然違う絵柄の女性が描かれていました。どちらも細部までとても丁寧に描かれており、根気と技術の要るものだなぁと感心したり。
海外旅行…してみたいです(笑)


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。