スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音速の先にあるもの 
夕方電話があって、応募していたお仕事の口に採用が決まりました。
ばんじゃーいばんじゃーい ∩( ・ω・)∩
実際の仕事は3月からになりますが、ホッとしました。
何が一番大変かって、あほな私は履歴書のコピーを取らずに先方へ提出してしまい、そこがダメだったらもう一度調べて書き直さなければならなかったので…。
お仕事の内容は、以前もしたことのあるクリーニングの取次ぎです。うひゃほーい頑張るー(´∀`)

ところで、今やってるジェットインパルスというフライトシューティングで、時速1200kmを越えると(調べたらマッハ=時速1225km)音速の壁を越える演出がなされるのですが、その辺の現象に興味が出てネットで調べていたら面白い動画を見つけました。
飛行機が実際に音速を超えた瞬間の映像です。→「たどまめ本舗」さん

そもそも『音速の壁』とは何かというと、

空気の圧縮というよりは、音の波の圧縮です。
移動していない物体から出る音は同心円状に広がりますが、移動している物体から出る音の波は、前方では波の間隔が狭く、後方では音の間隔が広くなります。救急車とすれ違った時に音が変わって聞こえる現象ですね。風呂で水面をピタピタ連続して何度も叩きながら腕を横に動かしてみると、波が移動方向で狭く、後ろで広くなるのが分かります。

さらに速度が上がって、移動する物体が自分の出す波に追いついてしまったら、どうなるでしょう?

音の波のエネルギーが、物体の前方1点に集約してしまいます。
ここで生じるのが衝撃波。
衝撃波というのは圧縮された音の波です。

(教えて!gooより抜粋)

ちゃんとした知識のある人の言葉はわかりやすいですね。
ちなみに、音速の壁を突破した後、パイロットの周りは完全な無音の世界になるんだそうです。音がついてこれないんだから当然と言えば当然か。
私は物理が苦手で難しいことは理解できませんが、音が本当に「壁」の形で目に見えるということに感動を覚えます。まるで魔法のよう。
しかし、この動画の観客、こんな近くにいて耳は大丈夫なんでしょうか。


以下、コメントへのお返事です。
*****************************
Betaさん。
ジェットインパルス、もしかしたらBetaさんも興味をお持ちになるのではと思ってました。
私はFTS初めてなので他と比較することはできませんが、面白いですよ。
微妙にロボットアニメのインスパイヤも出てくるので、そういうものもお好きでしたら是非(*^▽^*)

あるふぁさん。
コメントいただいてから気づきました。
確かに新ボディの子しかできない(腰ガイドないから)ポーズですね(;´Д`)キヅカンカッタ
鋭いご指摘ありがとうございます♪

白犬さん。
IDollお疲れ様でした~。
こちらこそ、生ランちゃんやまりもちゃん、羽さん方にお会いできて光栄です。
本当は全員のお写真を撮らせていただきたかったのに、家に帰ったらちみっこ3人衆とまはさんのものしかなくしょんぼりです(´・ω・`)
次回は是非!豪華キャストを激写させてください(`・ω・´)
*****************************
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://liyliy.blog51.fc2.com/tb.php/345-104d8a7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。