スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祖父のこと 
DSC02399.jpg

ロングランが決定した映画『男たちの大和/YAMATO』の原作本を今日から読み始めました。
相方がこの映画をとても好きで、是非一度観て欲しいと言われたのですが、やっぱり映画館は苦手なのでorz
でも、映画のパンフレットやTVCM、相方の熱い語り(笑)でそこそこ話の筋はわかっており、少し興味が出てきたので活字から入る事にしました。
そのうちDVDが出たら、映像も観たくなるかも知れません。

ところで、この映画に出てくる人たちの海軍の水兵服を見ていて、亡くなった祖父が同じ服を着ている若い頃の写真があったのを思い出しました。
今日は、祖父のことを書きたいと思います。

父方の祖父は、青年時代に戦争を経験した世代でした。
海軍の兵士として戦争に参加し、潜水艦の操舵手をしていたそうです。と言っても、このへんの事情は父からの又聞きになるので詳しい事は知りません。ですが、一度祖父自身から戦争の記念品を見せてもらった事がありました。
同じ水兵服を着た、たくさんの男の子たちが並んで写っている白黒の写真。出撃前に奈良で撮ったものだそうです。
残念ながらその時の私はまだ小学生で、興味らしい興味も持てずに早々に話を切り上げてしまったものでした。少しはもののわかる歳になった今、聞かせて欲しいことがたくさんあるのですが…。
祖父は天寿を全うして、私が社会人になってから亡くなりました。
そしてそのお通夜の席で、遺品の整理をしていた母があるものを見つけたんです。
それは、大切にしまってあったらしく、汚れてはいましたが丁寧に折りたたまれた手ぬぐいでした。
出撃の際に同期の仲間同士で書きあったらしい寄せ書きでびっしりと埋められており、中には祖父より少し前に亡くなった、知り合いのおじさんの名前もあったりしました。
『米兵を 飯だと思って喰らい尽くせ』
この一文に、当時の世相が反映されている思いがします。
国民の大半が、国のために死ぬのが当然と考えていた時代。
今の日本では考えられない事ですが、そういう時代も確かにあったのだと、そしてその語り手が失われつつある現代、必ずしも史実のみではないにしても『男たちの大和』は大切な歴史の教科書になるのではないか、と思います。

明るい話題じゃなくてすみません。
読んでいただいてありがとうございました。
スポンサーサイト
 
MISA #-
こんにちは~ 
http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で紹介されていたので、見に来ちゃいました。YAHOOでBLOOG-RANKINGで検索すれば、出てくると思います(^^)
草薙 涼 #-
 
>MISA様
初めまして。コメントをありがとうございました。
まだ書き始めて間もないこちらのブログですが、興味がございましたら またいらしてくださいませ(^-^)

秘密にする

 
トラックバックURL
http://liyliy.blog51.fc2.com/tb.php/4-fe50a1d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。