スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まつりのあと 

今日もまた出産関係の生々しい話になりますので、苦手な方はスルーしてください。

昨夜、体に異変を感じて病院に駆け込んだのが18時。
すでに破水と、一度目の陣痛がきていたので急いでお産の着替えや点滴をして横になりました。
よく、初産は半日以上かかると聞いていましたが、私の場合そのわりに陣痛の間隔が短く、痛みは段々耐えがたいものに。腰が痛いと人間何もできなくなるんですわ(>_<)本気で「もうお腹切ってください」と言いそうになりました。←最近は多いらしいですが…(^_^;)

そうこうしているうちに、はづきさんやはづき両親が陣痛室にやってきて手を握ってくれたり腰をさすってくれたりしましたが、その頃にはひっきりなしに痛みが続いてわたくし半狂乱だったと思います。あれほど冷静でいようと決めていたのに情けないったら(ノ∀`)

しかし、ほどなく子宮口が全開になっていることがわかり、看護婦さんもびっくりのスピードで分娩台行き&無事男の子を出産しました。破水から五時間かからなかったですが、正直あれ以上長引いたら正気を保っていられたかわかりません。
そのせいか、赤ちゃんと感動のご対面時も「ママよ~!!」という実感はなく「やっと生まれやがったか…」という疲労感にまみれた感想しか抱けずアチャー(ノ∀`)なカンジ。ずっと昔、ブライスを解体してアイギミックの取り外し時に成功した時と似た気持ちだったのは内緒です。
でも一夜明けた今日、体はボロボロで点滴も外れていませんが、徐々に自覚というか事態を飲み込み初めてきてます。赤ちゃんとは今日は会っていませんが、きっと見たら嬉しいだろうなぁ(^o^)
切迫早産で入院していた時とは違い、どんどん歩いていいので気持ちも体も軽く、こうして携帯OKエリアから日記も投稿できました。
ひとまず、気にかけてくださった方に報告をと思い、長くなりましたがまとめてみました。
個別にお返事はできませんでしたが、いただいたコメントは全部読んでます。
ありがとうございました!
スポンサーサイト
 
トラックバックURL
http://liyliy.blog51.fc2.com/tb.php/718-126c6ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。